世界で一つだけの手作りウェルカムボード

結婚式の受付で二人の代わりにゲストをお出迎えするウェルカムボードは豊富な種類があるので迷ってしまいますが、一生に一度のことなので自分の結婚式にぴったりの物を用意したいものです。友人や親族がお祝いの気持ちを込めてプレゼントしてくれる場合も多く耳にします。市販の物もたくさんありますが、より自分らしさを追求するなら手作りするのがオススメです。ある程度出来上がりが決まっており組み立てるだけのタイプの手作りキットも売られています。ベースがあるものに写真を入れたり自由にアレンジして個性を加えていくのもよいです。大きめのミラーにクレヨンで文字を入れるだけでも会場の雰囲気によっては極上のアイテムに変わります。結婚式のお見送りのときに使うプチギフトをウェルカムオブジェとして一つにまとめるのも華やかさが出ます。結婚式だけではなく、二次会でもそのまま使用する場合は、二次会から参加のお客様も違和感なく楽しめるようなウェルカムボードがよいです。結婚式後にはお部屋のインテリアとして活用する方も多いので、その場だけではなく長い目で楽しめるものも価値があります。二人の人生の宝物としてずっと残せて、ゲストの方々が行列をつくるほどの魅力溢れるウェルカムボードを作りたいものです。

手作りウェルカムボードでゲストを喜ばせる

結婚披露宴をする場合、いまや、ウェルカムボードや生い立ちDVD、席札などは、手作りする場合が多く、式場でも、手作りで持ち込むか式場に頼むかを早い段階で聞かれます。制作時間をよく考慮した上で、できる限り手作りにすることで、大変ではありますが、より思いでに残りますし、経費を安くすることが可能です。中でも、ゲストが来てはじめて目に留まるのがウェルカムボードです。絵を描いたり、ぬいぐるみを作ったり、花を飾ったり、と、こうでなければならないという枠は全くありません。ゲストを喜ばせてあげよう、来てくれた感謝を伝えようという気持ちがあれば、素敵なものが必ずできます。まずはじめに、どういうものを作りたいかというイメージを浮かべ、イラストなど、紙に落としてみるといいでしょう。ガラスでステンド風に作るのであれば、どこかにステンドをお願いするか、自分でできるかを考えなければならないでしょうし、ぬいぐるみを作るのであれば、毛糸で編むか、フエルトや布でつくるかによっても、かかる時間も材料費も違ってきます。あくまで、時間も材料費も無理のない範囲でやりはじめることが肝心です。一生に一度のことですから、作っている途中で予定よりも夢中になって時間がかかった、という話もよく聞きますので、協力してくれる人を一人つくっておくと、いざという時に心強いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です